ニューヨークでの大切なマナー。

最終更新: 2018年9月1日


ニューヨークには、日本にはとても良いマナーがあります。





今回は、その大切なマナーについて書きたいと思います。



ニューヨークに来た際は、是非実践して欲しいです。



まず一つ目!



それは、ドアを開けたら次の人の為に開けて待っておくという事です。



地下鉄の出入口やレストラン、カフェなどで自分がドアを通った後、次の人が見えたらドアをホールドして待っておくと良いと思います。



アメリカのドアって、開けるのが一苦労なドアが比較的多く感じます。ですので、女性やお年寄りの方などは特にドアを開けて優しく迎えてあげましょう!



そして二つ目。



日本でも当然だとは思いますが、



電車ではお年寄り、子連れの方、女性などには特に席を譲る事です。



アメリカには、レディーファーストの文化があります。



しかしながら、女性に限らず誰に対しても優しく接するという事はとても大事な事ですね。



私自身も気を付けている事ですが、Subwayでは女性が重い荷物を持って階段を上がる姿を良く見かけるのですが、率先して荷物を持ってあげる事。



「I'll carry it for you!」とか「I will help you!」と言って助けてあげてください。



とても喜んでくれると思います。



バスに乗る際も、男性が女性を優先する事だったり。



そして、3つ目!



ショッピングをする際など、お店の方に笑顔で「How are you doing?」と話かける事です。



お互いに1日を気持ち良く過ごす為のとても良いマナーだと思います。


</