なぜICELANDへ行ったのか。

実はアーティストビザ(O-1)の記事について



「なぜアイスランドへ面接しに行ったのか?」





という事を多くの方から聞かれました。



これからO-1ビザ取得を考えている方へ少しでも参考になればと思います。



少しこれまでの流れを説明できればと思います。






先ずですが、私はニューヨークに住んでいます。



O-1ビザを取得する為には先ず、自分の状況に合った弁護士を探す必要があります。



僕の場合は、O-1専門の弁護士さんを運良く知り合いに紹介をして頂きました。



個人的には、経歴のあるO-1専門の弁護士さんが良いかと思います。



また僕の場合、弁護士さんはアメリカ人で全て英語でのやり取りでした。



人から聞いた噂なので全く断言はできませんが



僕の場合は「日本人の弁護士はお金目当ての人も多い。ビザを取れても取れなくてもどうでも良い弁護士も多いから止めといた方が良い」という話を色々な方から聞いていました。



なので日本人の弁護士は止めようと思っていました。



実際のところは分かりません。



人によるのかなと思います。



アメリカ人の弁護士もダメな人はダメだろうし。



実際に相談したのは2つの弁護士事務所です。



名前は忘れてしまいましたが、最初に相談した弁護士事務所は相談料がかかるのと、電話やメールでの対応があまり良くなかったのでどうも信用できませんでした。